かわせみたちのおしゃべり

かわせみたちのおしゃべり《2018.12月号》

読者から寄せられたおたよりを紹介する参加型のページです♪

●俳句
すべからく 初心大事に 初句会   荒木信夫さん(大野城市)
ー新鮮な気持ちで臨む作品づくり、これからも期待しています。

洒落た名の ヘルペス痛む 冬始め    藤喜代子さん(福岡市中央区)
ーヘルペスやリウマチ…気候によって調子に変化がありますね。ご自愛を。

文化祭 香る文化は 食文化       松本喜美子さん(春日市千歳町)
ー大いに同意しました。おいしく楽しみましょう。

 

●川柳
歯の治療 目隠しタオル いい香り  古川好美さん(福岡市博多区)
ー器官のフル活用。憂鬱な治療も気持ちが和らぎますね。

白が黒 黒が白にも なるこの世   白井道義さん(福岡市中央区)
ーなんだか考えさせられる句です。年の瀬で一年を振り返るからでしょうか。

ごきぶりを しとめて妻の 高笑い    入江タツ子さん(春日市上白水)
ー息を殺す勝負どころからの、緩和。様子が目に浮かびます。

聞くよりも自ら出向く旅楽し     原田祥二郎さん(田川市糒)
ーぐらんざで紹介している旅にも出かけてみてくださいね。

 

●アート

宮本ヒロコさん(春日市)
ー小ぶりながらも旨味が凝縮されているようです。

 


松田民代さん(佐賀市川原町)
ー力強く、存在感のある描写にぴったりの言葉です。

 


岸原薫さん(田川郡糸田町)
ーぽたっとした皮の厚みと、爽やかで甘い香りが感じられますね。みなさまお歳暮の準備はお済みですか。

 


古川ひろむさん(佐賀市鍋島)
ー棚田に映る夕日。グラデーションが美しいですね。

 

【絵手紙・俳句・川柳募集中!】
絵手紙・俳句・川柳・写真の宛先
〒810-0001
福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館14F
ぐらんざ編集部「かわせみ」係

PAGE TOP