マンスリートピックス

北九州芸術劇場プロデュース/九州男児劇「せなに泣く」

せなに泣く、背中で泣く、世間に泣く、なぜに泣く―
メンデルスゾーンのピアノ三重奏曲に乗せて、男たちの人生の春夏秋冬を描く
現代の九州男児の姿を通して問う、家族・仲間・自分とは?

 2018年11月29日(木)~12月2日(日)北九州芸術劇場・小劇場では、北九州芸術劇場プロデュース/九州男児劇「せなに泣く」を上演します。
公演に先駆け、去る10月26日(金)に、作・演出の田上氏と出演者8名の登壇によ制作発表会見を実施いたしました。
制作発表のダイジェストはこちら

 劇場開館15周年の節目に挑む新たなプロデュース公演であり、熊本県出身の劇作家・演出家 田上豊(田上パル)が“九州男児”をモチーフに新作を書き下ろし、九州出身の8名の俳優たちと共に、約1ヶ月半北九州にて滞在制作を行うものです。タイトル「せなに泣く」には、背中で泣く、世間に泣く、生(せい)=生きることに泣くといったモチーフを込め、児童養護施設で親の背中を見ることなく育った5人の男たちのドラマを軸に、社会や時代との狭間に葛藤する男たちの揺らぎや痛み、仲間との絆の物語を、田上作品ならではの疾走感と熱量、ユーモアを交えて描き出します。
 出演は、北九州・福岡を拠点に活躍の幅を広げる有門正太郎、椎木樹人、寺田剛史、福岡県出身でダンスカンパニー・コンドルズのメンバーであるぎたろー、宮崎県出身で劇団唐組等を経て全国の劇場プロデュース作品にも多数出演する日髙啓介。そしてオーディションで選抜された荒木宏志、河内哲二郎、五島真澄の3名を迎えます。平成の終わりに、熱き九州男児の血潮を秘めた男たちが奏でる、笑いと嘆きの人間ドラマです。

ものがたり
九州の何処か。少子高齢化が進んだこの街は、今やゴーストタウンのような不気味さが漂う。
福祉事務所の吉村が訪れた街外れの一軒家には、目の見えない男と、弟らしき人物が暮らしていた。
かつては児童養護施設として、不遇な運命に立ち向かう男たちの、最後の砦であった「後藤寮」。
秀才のマサハル、荒くれ者のせいちゃん、ひっつき虫のやー。高倉健に憧れる寮長、と、新入りの兄弟。
授業参観、運動会、母の日にクリスマス。親のいない彼らにとっては、
世間の日常が、いつも微かな痛みと共に押し寄せる。
自分を信じ、仲間を信じ、昭和と平成を駆け抜けた男たちの、笑いと涙の記憶。
制作発表のロングver.はこちら

●公演概要●
【公演日程】

  11/29(木) 11/30(金) 12/1(土) 12/2(日)
13:00    
18:00      
19:00    

☆アフタートークあり ※開場は開演の30分前

【会場】
北九州芸術劇場 小劇場

【作・演出】
田上豊(田上パル)

【出演】
有門正太郎(有門正太郎プレゼンツ)、ぎたろー(コンドルズ) 椎木樹人(万能グローブ ガラパゴスダイナモス) 寺田剛史(飛ぶ劇場)、日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣) 荒木宏志(劇団ヒロシ軍)、河内哲二郎、五島真澄(PUYEY)

【料金】
日時指定・全席自由 一般3,000円、学生2,500円(小~大学生/要学生証提示) 高校生〔的〕チケット1,000円(枚数限定/劇場窓口にて前売のみ取扱い/要学生証提示) ※当日各500円増 ※未就学児入場不可(託児あり/公演日の7日前までに劇場へ申込)

【発売】
9月9日(日)10:00一般発売開始

【プレイガイド】
北九州芸術劇場 プレイガイド(10:00~19:00)、オンライン、TEL 093-562-8435(10:00~17:00/土日祝を除く) チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:484-046 ローソンチケット 0570-084-008 Lコード:85123

【お問合せ】
北九州芸術劇場 TEL 093-562-2655(10:00~19:00)

PAGE TOP