「脱・おばさん」!大人の魅力を引き出す着こなし術

Date:2011年11月02日10時50分 | Category:特集 | Writer:ぐらんざ編集部

「脱・おばさん」!大人の魅力を引き出す着こなし術
ワンポイントプラスで垢ぬける着こなしのコツ

全体のラインを意識してすっきり見せる

 50オーバーになるとついつい、自信がなくなるのが下半身ライン。
洋服を選ぶときには、「お尻が隠れる」ことが必須になっていませんか?
「気持ちはよくわかりますが、それが“おばさん”に見えてしまうポイントです」と末永さん。
お腹・腰回り・お尻を隠したいと思うばかりに、いつも長い羽織ものと長いスカート。
遠くから見ると、まるでクリスマスツリーのよう…。全体的に垢ぬけてみせるには、どうすればいいの?
 「ポイントは全体のラインをIラインにすることです」と末永さん。
まず、体をキャンパスに見立てて、上下を同系色にし、タテのIラインをつくること。
「そうすれば、差し色でどんな派手な色を持ってきてもしっくりきます」という。
また、ロングスカートの場合はトップスは必ずコンパクトに収め、Iラインが壊れないように注意すること。
お尻が隠れる長いカーディガンは、下記の裏技で短いボレロとして変身させて。



BOUTIQUE HAIL(ブティック ヘイル)
末永弘子さん
『ブティック ヘイル』オーナー。年4、5回直接ミラノへ直接買い付けを行い、旬のミラノファッションをリアルタイムでお届けしている。お客様それぞれの個性に合わせた新しい着こなしの提案が得意。










今冬はロングスカートにブーツスタイルで颯爽と

「今シーズンはロングスカートが流行しているので、ぜひトライしてください。
ただし、中途半端な丈を選ばないこと」と末永さん。
ロングスカートスタイルで注意することは冒頭でお話しした通り。さらに“今どき感”を演出するには、思い切ってくるぶしまでくらいの長い丈を選ぶことと、足元はブーツできめること。
また、ブローチやコサージュなど、アクセントを顔の近くに持ってくると、さらにセンスアップ!
ただし、ここでもほんんの少し違うだけで、雲泥の差となる大きなポイントが。
「ブローチを付ける場所で、センスよく見えるか、やぼったく見えるかが違ってきます。
ついつい胸元に、と思いがちですが、胸元より必ず上に付けること。首の根元につけるくらいの気持ちで。
胸上につけると“授業参観に来るお母さん”になってしまいます(笑)」
 顔の近くに差し色を持ってくることで、全体がグッと引きしまる効果も。





■取材協力『BOUTIQUE HAIL
ミラノの最先端ファッションを、福岡の女性のニーズに合わせて提案。TPOに合わせ、40〜50代を中心としたファッションが揃う。現地で直接買い付けるので、現地価格に近いリーズナブルな設定で提供。

福岡市中央区天神2-8-41 朝日会館ビルB1F
TEL:092-741-5838
営11:00〜19:00 日・祝12:00〜18:00

ヘイル 福岡 で検索
http://www.b-hail.jp