孫のため特集 笑顔がたえない 家族のヒケツ

Date:2014年01月29日15時58分 | Category:特集 | Writer:ぐらんざ編集部
孫のため特集  笑顔がたえない 家族のヒケツ

ひな祭り、卒園・卒業、入園・入学、こどもの日…。
これから先、春はお孫さんに関する行事が目白押しです。
なにかをしてあげたい!が祖父母心ですが、さてなにをしてあげましょうか。



 「この子たちの年頃は、日々成長しているんで、あっという間に大きくなって…。その時々のかわいらしさは、記録しておきたいものですよね」

 孫の茜音ちゃんを愛おしそうに眺めながら伊藤さんご夫妻はそういいます。話を聞いているこの場所は、写真スタジオ『スタジオフィール』。この日、伊藤さんご夫妻は“3世代家族写真”を撮りに来られたそうです。

「家族だけで写真を撮ると、誰かがシャッター係をしないといけないから全員が揃っての写真はなかなか撮りづらいですからね。みんなでこうやってお洒落をして、ポーズをとってという撮影はなんだか新鮮。家族の一体感を味わったような感覚もしているんです。しかもプロの方にきれいに撮ってもらって私たちも嬉しいですし、写真館でこうやって過ごしている時間が、子どもたちの記憶にも思い出として残ってくれるんじゃないかと思ったんです」


 いい時間を過ごした記憶を、楽しい思い出として残してあげたいという、おじいちゃんおばあちゃんの愛情が、言葉の端々から感じられます。それに、写真が上がってくるのを待っている時間も、楽しみなのだとご夫婦は、顔を見合わせて微笑みます。


「デジタルカメラで写真を撮るのもいいんですけどね。データだけで管理をするよりも、アルバムやフォトスタンドになっていると、家族みんなでおなじ写真を一緒に見ることができる。そこから会話が広がっていくのでいいですよね」

 写真を中心に広がる家族団らんの時間―。家族間のコミュニケーションでさえ減っている近年において、“写真”というアイテムが、子どもたちの心を豊かにすることに一役買ってくれるのでは…と思わされます。確かに伊藤さんご家族は笑顔が絶えず、ぱぁっと周囲を明るくさせるような雰囲気を放っていましたから…。

◇◇
 『スタジオフィール』カメラマンの中野さんは、写真を撮ることが、家族全員が集まるきっかけになってくれたら嬉しいといいます。

「今は家族が離れ離れに生活をされているケースが多いと思いますので、年末年始、お盆も写真を撮りに来ていただけるようにしていたいなと思っています。年に数回の家族団らんの時間ですからね、一瞬のいい表情を切り取った心温まる写真を撮りたいと思っています。成長した子どもたちが、思春期を迎えて大きくなったときにも、家族で撮った写真をみて、“愛されていたんだな”って感じてくれたら素敵ですね」

 豊かな心を育むために、お孫さんのためにしてあげたいことは、見つかりそうですか。