孫特集:もっと会いたい、遊びたい 愛すべきは孫

Date:2015年07月29日15時58分 | Category:特集 | Writer:ぐらんざ編集部


ご両親の前ではあくまで爛汽岫瓩


さあ、お孫さんとゆっくり遊べる季節です。ご両親が共働きという家庭も多いでしょうから、今こそおじいちゃん、おばあちゃんがピンチヒッターで、長い夏休みを過ごすお孫さんの相手をしてあげましょう。

 右のグラフを見てもわかるように、大半のおじいちゃん、おばあちゃんは孫と同居をしていないようです。また、休みの期間は学校行事だけじゃなく、子供たちの習い事やスポーツなどのイベントも多く行われるもの。そんな折にお父さんやお母さんと一緒に出掛けてみるのもコミュニケーションを深めるきっかけになります。ただし、その時に気をつけたいのは、あまり出しゃばらない、ということです。たとえ招かれて参加したのだとしても、両親が一緒の場合はあくまで“サブ”に徹しましょう。そして両親の後ろに控えていても、孫が行事で活躍したり頑張ったりしたときは思いっきりほめてあげればいいでしょう。逆になにか叱らなきゃならないことをしでかしたとしても、親がいる場合は親にその役目をまかせることです。

 遠方でなければ、別居しているおじいちゃん、おばあちゃんのほうから孫のもとを訪ねてみるのも、もちろんおすすめです。その時にさげていくおみやげを選ぶのも楽しみです。




夏休みならではの経験を孫とともに

 少し大きくなったお孫さんならおじいちゃん、おばあちゃんの家にひとりで遊びに来る場合もあるかもしれません。子供にとって、ふだん生活している家以外の場所に遊びに行ったり泊まりに行ったりするのは冒険心をそそるものです。昔話を伝えてあげるのもいいでしょうし、ちょっと奮発して高級お店のお菓子を買ってあげてもいいでしょう。体力的にまだまだ充分孫と張り合えるという人なら、動物園や遊園地、スポーツ施設に出掛けてみたり。ケータイやゲーム、マンガ以外にも興味を持ってもらういい機会になるのではないでしょうか。



下調べをしてからサプライズを

 前頁のグラフは、両親に内緒で孫にプレゼントをした経験がありますか、という問いに対する答えです。意外に経験ありの人が少ないですが、確かに見たことのないおもちゃなどを持ってればすぐに両親にばれてしまうからでしょうか。

 デパートなどを覗けば、いますぐにでも孫に買ってあげたいものがあふれています。ただし、おすすめなのはそこで衝動買いすることなく、お母さんに買ってあげたい旨を相談してみることです。
例えば、孫がいま何というキャラクターに夢中になっているかとか、こういう色や傾向の服を欲しがるとかきっとよく知っているはずです。下調べをしてからサプライズとしてプレゼントをしたほうが、喜んでくれる確率は高いでしょう。ただしお母さんが、虫歯になるから甘いものなんて買わないで、などということもあるでしょうが、そういったアドバイスはいっそ無視してみる手もあります。
健康のために言っているとしても、たまに食べるお菓子をそこまで気にする必要はありませんよね。





データ提供/夢の街創造委員会株式会社