「旅+カメラ」で思い出づくり

Date:2016年05月17日18時06分 | Category:特集 | Writer:ぐらんざ編集部

旅行にぴったりのシーズンが続きます。旅のおともといえば、なにはなくともカメラでしょう。
写真は、訪れた土地の感激を切り取って持ち帰るのに欠かせません。
コンパクトデジカメだっていいですし、さらに本格的に、という方なら一眼レフに思い切って
持ち替えてみても。“撮る楽しみ”をプラスすれば、あなたの旅はますます充実するはず。



旅専門キュレーションサイトが選んだ、九州のオススメ絶景撮影スポット10傑

高千穂峡(宮崎県)
高千穂峡の川幅が狭まった部分に流れ落ちる真名井の滝が一番の名所。夏季は午後10時まで滝周辺がライトアップされ幻想的な雰囲気に。

人津久海水浴場(長崎県)
長崎県平戸島にある人津久(ひとつく)海水浴場は知る人ぞ知る日本屈指の美しさ。まるで海外のビーチのような白砂のまぶしさです。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ(佐賀県)
こちらは毎年ニュースなどでも報じられる佐賀市河川敷の一大イベント。カラフルな気球が空いっぱいに舞い上がるのがシャッターチャンス。

河内藤園(福岡県)
あくまで私営の藤園で、藤を傷つけたくないため宣伝はしていなかったそうですが、口コミから徐々に人気に。春の富士と秋の紅葉のみ公開。

鍋ヶ滝(熊本県)
熊本県と大分県の県境の阿蘇郡小国町にある美しい滝。高さ9m、長さ20mと小さめの滝で、新緑の頃は特にその姿が美しいと評判に。

田染荘(大分県)
田染荘の小崎地区は平安時代、鎌倉時代の集落や水田の位置をほとんど変わらずに保存。
現在も景観を維持する努力が続けられています。

ラピュタロード(熊本県)
アニメ「天空の城ラピュタ」のワンシーンを思わせる名所は熊本県阿蘇市の外輪山の農道。
雲海が発生すると、まるで空に浮いているかのよう。

奄美大島(鹿児島県)
独自の進化を遂げた固有の動植物が多いことから東洋のガラパゴスとも呼ばれます。
広大なマングローブはぜひカメラに収めて。

御船山楽園(佐賀県)
春は二十万本のつつじ、五千本の桜が咲き誇り、秋は15万坪に広がる無限の紅葉がライトアップもされる絶景スポット。広さは東京ドーム10個分!

御輿来海岸(熊本県)
宇土半島北岸に位置し、景行天皇が九州遠征の際、美しい海岸線に目を留め、しばし御輿を駐め見入られたという説からその名が。夕景が抜群。

抜粋出典:RETRIP「これぞ日本最高峰の絶景地!九州地方の人気おすすめ観光スポット25選」


たのしみテクニック1
風景写真の上手な撮りかた
教えてくれる人=岡田 信義さん(写真家)


風景を撮る
絶好の時間帯があるんです


美しい風景などを見つけたら、とにかくたくさん撮ってみることです。
高低差をつけたりアングルを変えたり、引いたり寄ったりと試してください。
右のトリミング例にもありますが、対象のまわりによけいなものがないかも注意します。
あれもこれもと入れ込まずに、ばっさり切ることが大切な場合もありますよ。
それと美しい写真を撮るには時間も大事。
朝なら日の出の前後30分、夕方なら落陽の前後1時間。
旅行に行くならあらかじめ調べておくのもいいですね。



1枚の写真の要素に反対色を入れ込むことによって全体のバランスがよくなります。
ファインダーをのぞいた時に暖色と寒色を意識してください。


たのしみテクニック2
撮られ上手になるために
教えてくれる人=穂高 ゆうさん(姿勢ウォーキングスタジオ STUDIO LINES主宰)


撮られる時は、
とにかくリラックス!


撮影されることに慣れてない方の場合、どうしても緊張してしまいますよね。
いまはスマホでもどんどん写真が撮れますからふだんから撮影したりされたりをしておくといいですよ。
そしてカメラのレンズをじっと見るより、そこにお孫さんやペットなど顔がほころぶような対象をイメージするといいと思います。
あと、撮る側になった場合はできるだけ「笑ってー」「リラックスしてー」などと声をかけてあげるのも素敵な写真を撮るコツですね。



取材協力= STUDIO LINES ☎092・791・5515 studio-lines.com