楽しみながら健康に!体験しよう「フットパス」&「オルレ」

Date:2016年10月20日13時01分 | Category:特集 | Writer:ぐらんざ編集部


最近耳にする機会の多い「フットパス」と「オルレ」。
それぞれイギリスと韓国が発祥地で、
歩くことを楽しむ健康法です。
九州でも各地で実施されているので、秋風を感じ
ながらのウォーキングを楽しんでみませんか?


 九州の各地で実施されているフットパスとオルレは、老若男女を問わず楽しめるウォーキングのスタイル。登山のような本格的な装備は一切必要とせず、運動靴など動きやすい恰好でタオル、飲料などを入れて両手が自由になるリュックを背に、気軽に参加できます。ただし、大騒ぎをしない、ゴミ

 さて、今回訪ねてみたのは福岡県中間市のフットパスコース。八幡製鐵所鉄管橋などの産業の足跡が見られる土手ノ内コースや、炭鉱の町だった中間市の市街をめぐる、まちなかコースなど4コースある中から選んだのは上底井野コース。遠賀川西側の自然や文化財が多く残る地域をめぐります。遠賀川西側の自然や文化財が多く残る地域は、小山が多く景色の良い底井野を菅原道真公や黒田藩主が旅の疲れを癒しに訪れていたことでも有名。田園風景が広がるこのエリアは麦の産地としても知られ、収穫物はキリンビール甘木工場へと運ばれます。ほかにも、古い煉瓦や底井野の往時をしのばせる家並みを楽しみながら、のんびりと秋のレクリエーションを満喫しましょう。は持ち帰る、他人の家に勝手に入らないなど、常識的なルールは守りましょう。













■九州のフットパス http://www.fnq.jp/  
■九州のオルレ http://www.welcomekyushu.jp/kyushuolle/