特集

歯と体をケアして健康寿命を延ばそう!

年々感じる体の不調に不安を覚える方も多いのでは?
日々の心掛け次第でも左右される健康寿命を延ばすために今こそ自分の歯と体をケアして元気な毎日を過ごしましょう。

※健康寿命…医療や介護を必要とせずに日常生活を送ることができる期間

口腔編:歯は健康の鍵
歯を保つことが認知症のリスク減に!?

 古くから海外では「Badteethmake badhealth:むし歯は病気を招く」といわれているように、昨今、歯の健康は全身の健康に大きく関わることがわかってきました。なかでも体力と同じで、加齢に伴い減少傾向にある歯の本数。「8020(はちまるにいまる)運動」でも呼びかけられているように、できるだけ多くの歯を保つことは、この先の健康を守っていくために非常に大切なことなのです。
 では、実際に歯を保つことは健康にどのような影響を与えるのでしょう。【図1】のように、義歯を使わず歯が20本より少ない人は、20本以上残っている人に比べて認知症のリスクが2倍近くも増大。全体的な結果からも、日頃から歯に気を遣い、メンテナンスをすることの大切さがわかります。
※日本歯科医師会が推奨する「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」とする運動

 “ここしばらく歯医者さんから遠のいている”という方は、特に気をつけたいところです。
 歯があることの利点は噛めることにあります。噛む行為は、脳に刺激を与えて記憶力を保ち、認知症の予防に繋がります。【図2】のように歯が減れば減るほど認知症のリスクが高まるのは、歯の数に比例して十分に噛めなくなるからでしょう。
 歯を失うリスクは認知症に限ったことではありません。食べ物の美味しさがわからなくなることがあれば、体内の消化・吸収が悪くなり身体に栄養が行き届かなくなることも。さらには、バランスが取れずに転倒しやすくなるともいわれます。プロ野球選手がスイングをするときにマウスピースを付けることがあるのも歯を食いしばるためであって、人は上下の歯を噛まずに力を入れることはできません。自分の歯はなるべく保ちたいものですが、歯がなくなった時には、適切な義歯やインプラントで噛めるようにすることも重要です。

放っておくと手遅れに!
定期健診と日々の歯磨きがあなたの歯を救う!?

 大人になって歯を失う最大の 原因は、むし歯と歯周病です。むし歯は放っておくと歯に穴が空き、神経を取らなければいけなくなります。この神経を取る際に有害な細菌が入れば、数年後に膿がたまって骨を溶かすようなひどい状態になることも。
 もう一つの原因である歯周病は、歯を支える骨が溶けてなくなる病気。次第に細くなる骨のせいで歯は安定せずぐらぐらし、最後には抜け落ちてしまいます。原因は、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)。その中に潜む歯周病原菌によって歯肉が炎症を起こし、放っておくと歯周病を進行させる毒素を出し続けます。一度溶けた骨は元通りに戻すことはできません。しかし、治療で進行を止めることはできるので早い段階で気づくことが重要です。
 ところが、歯周病はむし歯と違って痛みがなく、初期の段階では見た目もそれほど変わらないため、自分では気づかないことがほとんど。現在日本人の60歳代で歯周病を患っている人は約9割にも上ります。気づいたときには進行が進み、手遅れになっている場合も多いため、定期的に歯科医院で検査を受けることが大切です。丁寧な説明と、きちんとしたお手入れをしてくれる掛かりつけの歯科医がいれば安心ですね。
※厚生労働省「平成26年歯科疾患実態調査の概況」

口の病とからだの病の関係

歯周病になると心臓病になりやすい!?
【ケース1】心筋梗塞を起こして亡くなった方の心臓の血管から、歯周病の病原菌が見つかった。
>>>歯のまわりに付いたばい菌や、ばい菌が作り出す毒素などが血管を通して心臓の方に流れてしまうことがある。
歯周病の治療で糖尿病が改善する!?
【ケース2】糖尿病患者に歯周病の治療をしたところ、血糖コントロールがよくなっていった。
>>>歯ぐきの炎症により作り出される毒素は血糖コントロールに必要なインスリンが効きにくくなる作用を持つ。
※炎症性サイトカイン
早産の妊婦さんには歯周病が多い!?
【ケース3】早産をした妊婦さんの血液から歯周病に罹ると作られる毒素が出てきた。
>>>子宮を収縮させる作用を持つ歯周病の毒素。早すぎるタイミングで子宮が収縮すれば低体重出産になりかねない。
口の中の汚れは肺炎と関係あり
【ケース4】週に一度、歯科衛生士が肺炎患者に歯磨きをすると、肺炎が半分程に激減した。
>>>食事中にむせるなどして口内の汚れが肺に入ると起きる誤嚥性肺炎。口の中が不潔になると、肺炎の原因に。

日頃からできる歯のケア

 口の病は、からだの病につながるといっても過言ではありません。そうならないために私たちにできることは、むし歯や歯周病を防ぐこと。基本的な予防法は、日々の歯磨きです。健康な方には簡単なことでも難しくなるのは、脳卒中やパーキンソン病を患ってしまったとき。麻痺などで手を上手く動かせなくなると、十分な歯磨きができずに口の中も汚れてしまいます。介護における口腔ケアが重要なのはそのためです。
 歯磨きはまた、高齢になると出にくくなる咳や唾液を出すための刺激に。咳は間違って肺に入ってしまったものを外へ出し、唾液は口内の汚れを洗い流すために必要なものです。歯磨き以外にも歯間ブラシなどを用いて歯間清掃をしたり、年に1回でも歯科医院で歯石取りをしたりすることも重要。それでも喫煙をしていれば歯は抜けやすくなることをお忘れなく。
 歯周病の進展は40歳を過ぎたあたりから始まります。これから先の病に心配がある方は、歯のケアを怠らないようにしましょう。

教えてくれたのは
福岡歯科大学 教授
内藤 徹先生

からだ編:筋力低下は活力を奪う
「どうも力が入らない…」はフレイルかも!?

 「フレイル」とは、筋力や認知機能など心身の活力が低下し衰弱になった状態のこと。人は健常な状態からフレイルという移行段階を経て要介護状態に至るといわれています。しかし、フレイルの段階で正しく対処しておけば要介護への移行を止め、改善する余地があるのです。
 介護が必要となる原因には脳卒中などの生活習慣病関連がありますが、これが全体の30.5%を占める中、フレイル関連はそれを上回る51.9%。フレイルが健康寿命に大きく関係していることがわかります。
 フレイルになると、体力の衰えだけでなく、活動量の低下から食事量も減って慢性的な低栄養状態になるといった悪循環に陥ります【図3】。この悪循環を適切な介入によって断ち切らなければ、要介護状態になる可能性が高くなるのです。
 からだの不調を年齢のせいだと諦めてそのままにしていませんか?まずは、自分がフレイルであるかどうか知ることが大切です。左のチェック表の回答Bに当てはまる数が多ければ多いほどフレイルの危険性が高いことになります。さらに、栄養、運動、社会参加に分けて見てみると自分の足りない部分が見つかるかもしれません。
※厚生労働省「平成25年国民生活基礎調査の概況」より

フレイル予防のポイント

フレイルサイクルを断ち切るポイントは次の5つ。
①生活習慣病の予防と管理
②感染症の予防
③栄養の摂取
④日々の運動
⑤社会活動への参加

 特にこれからの季節は肺炎やインフルエンザの予防接種を心掛けたいものです。食事の面では肉や魚、大豆といったタンパク質を進んで取るように。フレイル予防の要といっても良い運動は、少なくとも1日5千~6千歩のウォーキングを日常生活に取り入れることが好ましいでしょう。次頁のような運動も習慣化してみてください。
 また、フレイルは身体的な要因だけでなく、うつや認知症などの精神的、社会的要因も含まれます。友人と食事をしたり趣味やボランティアに時間を使ったりするのも良いですね。

教えてくれたのは
福岡市健康づくりサポートセンター
センター長

井口 登與志先生

寒い冬も自宅で気軽に実践!
貯筋運動でフレイル予防♪

※筋力を貯め込む運動
誰でも加齢とともに萎縮しやすい筋肉。
足腰の筋肉量が減少すると、転倒や骨折を引き起こし、いずれは寝たきりになってしまう恐れも。
無理のない日々の運動で筋力維持に努めましょう。

PAGE TOP