おとなの風物詩 2019年4月

おとなの風物詩 2019年4月


八女市立花町

八女市立花町

東出満子=写真
photo:Mitsuko Higashiide
■岡田セミナー会員
手前は菜の花、奥は梅の花など、咲き誇る花々が春を奏でているようなリズムを感じる思いで撮りました。八女の梅園を訪ねてやって来ましたが、行く度に違った感動を与えてくれる場所です。

藤岡由美子=俳句
haiku:Yumiko Fujioka
■福岡蕗句会員 蕗の里句会員
菜の花の明るい黄色は、人の心も明るくしてくれます。春の訪れを感じる山里の風景に、ふるさとを思い出しました。

■コートを脱いだら―おいしい春。

春キャベツ
●アブラナ科/(英名)spring cabbage
旬は3月~5月頃。葉はみずみずしくて柔らかく巻きはゆるめが特徴。淡色野菜だが栄養価は高い。特にビタミンC、カロテンが多く、カリウム、食物繊維、ビタミンK、アミノ酸、他、「自然の潰瘍薬」といわれるビタミンUも含む。和え物やサラダなどで栄養をしっかり摂取したい。新キャベツ、春玉ともいう。

タケノコ(筍・竹の子)
●イネ科/(英名)bamboo shoot
一般的な孟宗竹(モウソウチク)は3月~5月頃が旬。ずっしりと重く、皮はツヤと湿り気があり、穂先は黄色いものがよい。アミノ酸の一種、アスパラギン酸やグルタミン酸、脳の活性化作用があるチロシンの旨味成分が含まれる。福岡県は国内最大の産地で合馬地区の「合馬のたけのこ」は全国屈指の高品質を誇る。

関連するキーワード


おとなの風物詩

最近話題のキーワード

ぐらんざで話題のキーワード


プレゼント 福岡麺人生 ぐらんざ人 今月のぐらんざ