【ぐらんざ人】歌舞伎俳優 坂東玉三郎 越路吹雪40回忌コンサート Aprés Toi~アプレ・トワ

【ぐらんざ人】歌舞伎俳優 坂東玉三郎 越路吹雪40回忌コンサート Aprés Toi~アプレ・トワ

公演は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止となりました


玉三郎さんが贈る、越路吹雪40回忌公演

 シャンソンの女王、越路吹雪。惜しまれながら世を去った彼女の歌が、40年の時を超えて、博多で蘇る―!

 3月の博多座公演『越路吹雪40回忌コンサート~アプレ・トワ』では、越路さんの後輩である宝塚歌劇団のOGや現役生とともに、坂東玉三郎さんが特別ゲストとして越路さんのレパートリー曲を歌い上げる。

 坂東玉三郎さんと言えば、言わずと知れた歌舞伎界の至宝。博多座をはじめとした九州各地の舞台でも出演を重ね、熱心なファンも多い。歌舞伎という枠を超えて活躍しているが、歌のイメージはあまりない。

 「歌うようになったのは、50歳くらいからです」と玉三郎さん。

「最初は舞台でのセリフのために、発声練習をしていました。そうしたら、歌った方が声帯がより良くなる感じがしまして、歌い始めました。それと、3年前に行われた越路さん37回忌のコンサートに出演のお誘いをいただいたことが大きなきっかけです」

 越路さんの事務所から是非に、という声が上がった玉三郎さん。越路さんの生前には、コンサートや舞台に何度となく足を運んだ熱心なファンであったそう。その魅力とは?

「ドラマチックな歌、と言えばよろしいのでしょうか。宝塚を若いときにお辞めになり、あとはミュージカルやお芝居をやってこられたのですね。そういうこともあり、歌がドラマになっているということが魅力だったと思います。僕が初めて越路さんの舞台を観たのも、40歳くらいのときに出演されたミュージカルの『王様と私』でした」

 たしかに越路さんの歌を聴くと、不思議と歌詞がドラマのセリフのように心の中に入ってくる。加えて、表情をクルクルと変えながら歌い上げる様は、玉三郎さんの言葉通り女優ならではのもの。だからこそ、初めて聞いた曲でも胸に響き、感情を揺さぶられる。今回の40回忌のコンサートで玉三郎さんは、そんな越路さんの歌い方を踏襲して歌われるのだろうか。

関連するキーワード


ぐらんざ人

関連する投稿





【ぐらんざ人】博多座二月公演スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『新版 オグリ』 歌舞伎俳優 市川猿之助 × 中村隼人

【ぐらんざ人】博多座二月公演スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『新版 オグリ』 歌舞伎俳優 市川猿之助 × 中村隼人

ぐらんざ2月号の表紙を飾ったのは、市川猿之助さんと中村隼人さん。博多座で公演されるスーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『新版 オグリ』 について伺った。



最近話題のキーワード

ぐらんざで話題のキーワード


プレゼント ぐらんざ人