【映画】『ポルトガル、夏の終わり』

【映画】『ポルトガル、夏の終わり』


余命少ない女優が最後の夏を過ごした、ポルトガル。その美しさに魅了される

Ⓒ2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FÚRIA
Ⓒ2018 Photo Guy Ferrandis / SBS Productions
映画『ポルトガル、夏の終わり』
■監督:アイラ・サックス
■出演:イザベル・ユペール、ブレンダン・グリーソン、マリサ・トメイ 他
■配給:ギャガ
◎KBCシネマほかにて近日公開予定

 閉塞感漂う昨今、ちょっと鬱々している自分に気が付きます。映画を観ることもままならない日が来るなんて、夢にも思いませんでした。その様な中にあってご紹介するのは「ポルトガル、夏の終わり」。

 舞台は、世界遺産、ポルトガルの避暑地シントラです。

 シントラに行った友人に、どんなところかと聞くと、首都リスボンから日帰りが出来る距離で、「人々は優しく、緑豊かな小径、石畳があり、古城、美しい海岸線と、心が和む町であった」と語ってくれました。

 美しい景観の中で繰り広げられる人間模様は、見応えがあります。本作では、フランスの大女優イザベル・ユペールが、自らを映し出すような大女優役で登場。映画の冒頭、美しいホテルのプールに水着を脱ぎ捨て飛び込む一人のレディこそ主役のフランキー(イザベル・ユペール)。彼女は余命宣告を受け、心に期するものを持って、シントラに滞在しています。年齢を超えた彼女の身体、陽の光とプールを囲む緑の美しさに、身も心もウットリとします。

 このホテルに彼女は家族・友人を招待しています。再婚し夫と義理の娘夫婦、孫、前夫と実の息子、友人とその恋人。何とも複雑な関係です。映画はそれぞれの人間の動きをクールに描いて行きます。

 私は途中まで、何の意図でこの人たちをフランス・アメリカからこの地に呼んだのか分かりませんでした。中盤辺りから、それぞれの苦悩が明らかになってきます。扇の要がフランキーと分かった処から、彼女の企みが見え隠れして霧が少しずつ晴れてきます。

 そして何といっても、ラスト。眼下に海を臨む神聖なペニーニャの山、その山頂にフランキーは全員に集まるように呼びかけます。彼女を入れて9人が初めて一堂に会し、燃えるような夕陽を見つめながら、ユーラシア大陸の最西端に佇みます。一人遠くから8人の動きを見るフランキーの姿。彼女はその人達の動きの中に、ある結論を見出します。

 私の年代になると、“死期”を意識しないといったら嘘になります。人生の折り返し点を遥かに越しています。でも、やっぱり今を大切に生きたいと思っているので、人生のけじめは、どこかまだ先の事と片付けている自分がいます。ですが、時間があるような無いような…。

佐久間みな子

KBCアナウンサーからKBCシネマにも携わり、現在はフリーアナウンサーへ。会話塾の講師を務める他、コミュニティラジオ天神のパーソナリティとして活躍中。

映画情報につきまして

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、映画館の休館・作品の公開延期等が生じております。


映画関連の最新情報は各映画館、作品のホームページにてご確認ください。


魅力的な作品の公開がたくさん控えております。1日でも早く日常が戻り、映画を心おきなく楽しめる日がきますように。

関連するキーワード


今月のシネマ

関連する投稿





【映画】『男はつらいよ お帰り 寅さん』

【映画】『男はつらいよ お帰り 寅さん』

渥美清さん、スクリーンにお帰りなさい!!昭和の人情に、たっぷり浸りました。


【映画】『草間彌生∞INFINITY』

【映画】『草間彌生∞INFINITY』

水玉に込められた想いは?その眼差しの先は、まだまだ無限大


最近話題のキーワード

ぐらんざで話題のキーワード


プレゼント ぐらんざ人 福岡麺人生 今月のぐらんざ