連載コラムハットをかざして

  1. ハットをかざして 第130話 憧れの笠井紀美子

    正直言うとJAZZは難行苦行だった。とくにモダンJAZZは分かったふりをして、求道者のように聴いていた。大学の帰りに、「Fanky」(吉祥寺)に寄る。JBLのジャイアント・スピーカーが阿吽の如く並び、客を組み敷いている。この店で…

  2. ハットをかざして 第129話 哀愁JAZZ

    田舎者はJAZZに弱かった。歌謡曲、演歌、ポピュラー、グループサウンズ、ロックには精…

  3. ハットをかざして 第128話 あわれむべき人

    就職も決まり、卒論も出し、大学4年間の単位はすべて終了していた。これならば、教職も取…

  4. ハットをかざして 第127話 許されない愛

    同じアパートに音大生の女性が引っ越してきた。大家のおばさんが学生たちを集めて、親睦のパーティ…

  5. ハットをかざして 第126話 バプテスマ

    友のKがアパートを訪ねてきた。半同棲中の彼女を伴ってである。友はベッチンのモスグリー…

  6. ハットをかざして 第125話 グッドバイ

  7. ハットをかざして 第124話 骨のある男

  8. ハットをかざして 第123話 お涙頂戴

  9. ハットをかざして 第122話 渋谷ジァンジァン

  10. ハットをかざして 第121話 馬場当先生

  11. ハットをかざして 第120話 馬場当先生

PAGE TOP