連載コラムハットをかざして

  1. ハットをかざして 第133話 エロス+虐殺

    もう46年前になるか、学生時代、東京赤坂の日本シナリオ協会のシナリオ学校に通っていた。初回の特別講話が吉田喜重監督で、確か白のムスタングでやってきた記憶がある。東大仏文から松竹大船に同級の石堂淑朗と入社した時の話をしていた。石堂の「…

  2. ハットをかざして 第132話 憧れのジイ様たち

    二十歳の頃に、すで三十歳と云われていた。悪い気はしなかった、早く老人に成りたかったからだ。太…

  3. ハットをかざして 第131話 娑婆はいやじゃ

    未だ21歳というのに、早く老成したかった。小学校高学年の時、祖母から「お前は、母ちゃんが…

  4. ハットをかざして 第130話 憧れの笠井紀美子

    正直言うとJAZZは難行苦行だった。とくにモダンJAZZは分かったふりをして、求道者のよ…

  5. ハットをかざして 第129話 哀愁JAZZ

    田舎者はJAZZに弱かった。歌謡曲、演歌、ポピュラー、グループサウンズ、ロックには精…

  6. ハットをかざして 第128話 あわれむべき人

  7. ハットをかざして 第127話 許されない愛

  8. ハットをかざして 第126話 バプテスマ

  9. ハットをかざして 第125話 グッドバイ

  10. ハットをかざして 第124話 骨のある男

  11. ハットをかざして 第123話 お涙頂戴

PAGE TOP