博物館・美術館

ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~

ウォルト・ディズニー・アーカイブス展
~ミッキーマウスから続く、未来への物語~

 福岡県立美術館にて、「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~」が開催中です。会期は6月16日(日)まで。普段はお目にかかれないディズニーのコレクションたちが、福岡県立美術館に勢ぞろい。膨大なコレクションから厳選された約420点の展示物の中には、日本初公開となるものや、福岡のみの展示もあるのだとか。
 ウォルト・ディズニーと、ウォルト・ディズニー・カンパニーに関する史料全般を収集・保存する米国の「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」。1970年に設立され、これまでに生み出された作品の資料や、それらに込められた情熱やエピソードが収められている夢と創造の宝庫です。普段は一般公開されていないため、これらの貴重なコレクションが目に触れる機会はありませんが、今回の展覧会では保管されているアイテムたちが一堂に会し、まるでアーカイブスの空間に入ったかのような体験が味わえます。ぐらんざ編集部もさっそく展示会へ。

初期のアーカイブス・コレクション

アニメーターたちが使用するデスク

 ミッキーマウスにまつわるアートやグッズ、ディテールまで再現されたウォルト・ディズニーの仕事部屋、『美女と野獣』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』他、映画作品の衣裳数々が展示されていました。その背景にある人々の想いや、知られざるエピソードも共に紹介されています。

   

「ホーンテッド・マンション」で実際に使用された3体のゴースト

 さらに、福岡会場が初のお披露目となる、3Dホログラム「ミッキーと魔法の部屋」も登場。2分間に渡る魔法の時間に身を浸すことができます。展覧会で展示されているミッキーのスクラップブックからインスピレーションを得て誕生したオリジナルコンテンツだそうです。

 

 撮影OKなコンテンツも多くあり、鑑賞するだけでなく、写真として思い出を残す、SNSでシェアするなど、さまざまな形で楽しめる仕様となっていました。
 ディズニーに関わるキャストメンバーや社員、アトラクションの製作を担うスタッフは、皆アーカイブスを訪れ、創造と魔法に満ちたワクワクする空間で未来へのイマジネーションを描くそうです。
みなさんの心の中にも、ディズニー作品の思い出やエピソードがあることと思います。それらを重ねながら、夢の世界をぜひ楽しんでみてください。(掲載画像はすべて©Disney)

福岡県立美術館
2019年4月19日(金)~6月16日(日)
開館時間:10:00~18:00
※入場は閉館の30分前まで
※ただし5月25日(土)は20時まで開場時間を延長
休館日:月曜日、5月7日(火)
※ただし4月29日(月・祝)及び5月6日(月・休)は開館
入場料:一般1,500円、高大生1,200円、中学生から4歳まで800円、3歳以下無料
※料金は税込
※小学生以下のみでの単独入場はご遠慮ください
HP https://fukuoka-kenbi.jp/exhibition/2019/kenbi10439.html
主催
ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 福岡会場実行委員会
協力
ウォルト・ディズニー・ジャパン
お問合せ
福岡県立美術館 092-715-3551(9:00~17:00)

PAGE TOP